ルイ ヴィトンの魅力


ルイ ヴィトン(Louis Vuitton)は1854年、フランスの鞄職人であったルイ ヴィトンがパリに世界初の旅行鞄専門店を創業したのが始まりです。

フランスはこれまで数多くの世界ブランドを生み出してきましたが、その中でもトップのブランドですね。

フランスやヨーロッパ各国での群を抜く人気はもとより、フランス、ヨーロッパだけでなく世界中の多くの国々から愛され続けてきました。


もちろん日本においても、その人気の高さと多くのファンの支持率は他のブランドをよせつけないほどに定着しています。

日本でルイ・ヴィトンのブランドを知らない人はまずいないですね。

街を歩けば必ず、ルイ・ヴィトンのバックや財布を目にすることでしょう。

そのようにルイ ヴィトンは数多くのファッションアイテムを繰り広げてきましたが、中でもそのバッグの品質の高さは目を見張るものがあります。

ルイ ヴィトンがもともとバッグやトランクを扱う鞄専門店から出発したのですから、それもうなずけます。

小さい会社ながらも、バッグ作りにおける非常に高度な職人技術は、世界中から絶賛を浴びたのです。

ルイ ヴィトンのバッグのその追随を許さない完成度は、こうした理由からなのですね。

ルイ ヴィトンはまず、ここで防水加工され灰色のキャンバス地でおおわれた平らなトランクを作り出しました。

そしてコピー品流出防止のために、世界初のモノグラム柄を用いたのもルイ ヴィトンです。


それではルイ ヴィトンはどうしてそこまでファンを虜にしてやまないのでしょう。

ルイ ヴィトンの魅力をひとことで言ったら、デザイン性や実用性、機能性を全て持ち合わせ、使い込むごとにその高級な味わいが増していくことでしょう。

ルイ・ヴィトンは歴史が古いといっても毎シーズン新作を発表し、たゆみない研究と努力を重ね続けてきました。


現在においてもラインが数多く出され、女性のみならず男性も、そして各年代層の方々に愛用されるコレクションを提供し続け、より多くのファンを惹きつけてやみません。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。