ルイ ヴィトンのバッグ


ルイ ヴィトンのバッグはそのラインに、ハンドバッグやショルダーバッグ、ポーチやウエストポーチなど多種多様に取り揃えられています。

そのようにルイ ヴィトンはマルチブランドともいえますね。

ルイ ヴィトンのバッグは、持ちやすいのはもちろんのこと、どのようなスタイルにも合わせやすく、変に派手にならない色合いですし、何といっても大人の雰囲気で装いたいときにとても重宝します。


ではここからは、ルイ ヴィトンのバッグで人気ランキングの高いものを、いくつかピックアップしてみます。

*スピーディ

1930年にヌメ革で登場し、以後1959年よりモノグラム・キャンバスで展開されていきます。

いつの時代も愛され続けられているロングセラーですね。

軽くて収納力も抜群なのが特徴です。

オードリーヘップバーンが愛用していたことでも知られるモデルです。


*パピヨン

パピヨンは1966年に、アンリ・ヴィトンにより発表されました。

フランス語で「蝶」という意味です。

丸みを帯びたボディがとてもキュートで可愛いですね。

スーパーモデル ツイッギー・ローソンのお気に入りバッグとしても有名です。


*バティニョール・オリゾンタル

パリの有名な市場の地名からこの名がつけられました。

A4サイズの書類も折らずに収納できる横長タイプで、使いやすさで人気です。

スタイリッシュなボディが魅力的なデザインのショルダーバッグで、様々なシーンで活躍してくれます。


*アルマ

アルマは1930年代に、ガストン・ヴィトンにより発表されました。

その名前はパリのセーヌ川に架かる橋の名からつけられたものです。

女性らしい優しく上品なフォルムですね。

アルマはココ・シャネルの注文から生まれたことでも有名です。


*サック・プラ

B4サイズの書類や雑誌なんかもすっぽり収まり、中は防水加工で、携帯入れポケットが1つ付いています。

ビジネス鞄としてユニセックスなそのデザインは男女共に人気があります。

シンプルなそのデザインは服装を選びません。


*アマゾン

斜め掛けで一番人気の縦長ショルダーバッグです。

デイリーバッグとしてとても重宝します。

人気の秘密は本体とほぼ同じ厚みを持つ前面の立体ポケットで、とても使いやすいのです。


その他にも、ルイ・ヴィトンは様々なラインを発表しており、毎シーズン出される新作を心待ちしているヴィトナーたちも多いのです。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。