ルイ ヴィトンのダミエ


ルイ ヴィトンのダミエについてご紹介します。

ダミエ・キャンバスは、ルイ ヴィトンの息子で2代目ジョルジュ・ヴィトンよって開発され、1888年に発表されました。

もうひとつのよく知られている1896年に発表されたモノグラム・キャンバスよりも歴史が古いのですね。

このダミエ・キャンバスはグリ・トリアノン・キャンバスやレイエ・キャンバスの模造品が横行したため、生み出されと言われています。

この際、ジョルジュ・ヴィトンは図柄の中にブランド名を入れることを考えだし、世界初の登録商標となりました。

ダミエ・キャンバスは日本の市松模様をヒントに考えだされたということです。

市松模様でしたら、確かに日本でも昔からおなじみですから、私たちがダミエ・キャンバスの図柄を見てもしっくりなじみやすいのでしょうね。

しかしこのダミエ・キャンバスも模造品が出回り、いったんは廃盤となります。

そして時を経て、1996年のモノグラム100周年の際に、記念アイテムとして復活することになり、1998年にはマーク・ジェイコブスによって定番ラインとなるのです。

現在ではルイ・ヴィトンの2大ラインのひとつとなっています。

ダミエの革部分には漆黒のエボニーレザーが使用され、内側素材には、真っ赤なアルカンタラ素材が使用されています。

アルカンタラは人工スエードで、高級感のある柔らかな手触りが特徴です。

また大きめのショルダーバッグやリュックタイプには、コットン・キャンバスの内側素材が多く使われています。

もともとのブラウンを基調としたエベヌに加えて、2006年にダミエのニューラインとしてアズールも発表されました。

アズールはアイボリーとインディゴをベースにした淡いイメージのラインです。

ダミエのその洗練された落ち着いたイメージは老若男女を問わず、高く支持され、ルイ・ヴィトンの中でも常に人気の高いラインになっています。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。