ルイ ヴィトンのモノグラム


ルイ・ヴィトンといったらモノグラムというように、ルイ・ヴィトンの最も代表的なラインのひとつです。

モノグラムという言葉自体は知らなくても、あの「L」と「V」を重ね合わせた幾何学模様はお馴染みですね。

モノグラムとは本来、複数の文字(ほとんどが2文字)を組み合わせてできた記号のことを言います。

ところで日本でモノグラムというとこのルイ・ヴィトンのように商品ラインをさす用語として知られているのです。

ルイ・ヴィトンのモノグラムは、2代目のジョルジュ・ヴィトンによって1896年に発表されました。

創業者ルイ・ヴィトンのイニシャル「L」と「V」に、花、星を組み合わせた模様です。

日本の家紋をヒントに作られたそうです。そう思うとこのモノグラムの模様、親しみがわきますね。

キャンバス地にこのモノグラムを使ったのが特徴のモノグラム・キャンバスです。

このときからルイ・ヴィトンのモノグラムの歴史が出発するのです。

モノグラムは、デザイン性と耐水性、実用性を兼ね備えた銘品です。

その後、モノグラムラインはモノグラム・デニム、モノグラム・マルチカラー、モノグラム・ミニ、モノグラム・ヴェルニ、モノグラム・ミニ・ラン、モノグラム・スエードなど数多く発表されています。

どれもうっとりするほど素敵で迷ってしまいますが、若い方でもモノグラム・デニムやモノグラム・マルチカラー、モノグラム・ミニ・ランだったら気負いなく身に着けられます。

ルイ・ヴィトンのモノグラムライン、廃盤も結構あって、お気に入りを手に入れたら一生物と思って大切に使っていきたいですね。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。